注文住宅のよくある失敗と対策【その1】

必見!人気記事ランキングトップ3!

注文住宅のよくある失敗と対策【その1】

注文住宅,失敗,対策

 

注文住宅で失敗して後悔する方は少なくありません。

 

想定外の出費がおこりやすいです。

 

  • 見積書にない工事費
  • 意外とかかる諸費用
  • かんたんにできると思って頼んだ追加工事

 

予算オーバーをふせぐために、
注文住宅を建てた方の失敗例と対処法をご紹介しています。

 

3ページにわけています。
すべて読みこんだほうが
確実に失敗がおきるリスクがさがります。

 

注文住宅のよくある失敗と対策7つ

 

 

「カタログで決めたプランがオプションばかりだった。」

 

 

めんどうな打ちあわせを避けるため、
内装、建具、設備をカタログから選びました。

 

標準仕様だと思い込んでいたからです。

 

しかしフタをあけてみると、
ドア全体で50万円以上、
キッチン設備も50万円以上も見込みちがいでした。

 

最終的に130万円もオーバーしました。

 

カタログには、標準仕様からオプションまで
掲載されていることが少なくないです。

 

商品説明での坪単価の目安には標準外を含みません。

 

しかし、モデルハウスには特注部材も使われます。

 

思いこみで判断するのではなく、
見積もりをとるときに一つ一つ内訳を確めることで
このような予算オーバーをふせぎやすくなります。

 

 

 

 

「水道を引くのに200万円もかかりました。」

 

 

水道の本管が敷地から離れていました。

 

他人の私道をとおすのが最短距離でしたが、
権利者の同意がもらえず。

 

遠まわりして引き込まなければなりませんでした。

 

道路の掘削費用が高くなり、最終的に200万円に。

 

別途工事あつかいだったので、
設計時にはわからなかった
んです。

 

土地を購入するときは、
不動産屋さんだけでなく、周辺の住民や
地主さんへ話を聞きこみに行くことが大切です。

 

土地の売買契約をしない選択肢も残せるからです。

 

 

 

 

「地盤改良費用が思わぬ予算オーバーになりました。」

 

 

土地を購入して家の設計をすすめていたら、
地盤調査の結果がでてびっくりしました。

 

むかしは水田で、
最近まで畑だったという軟弱地盤でした。

 

地盤改良が必要だといわれたので、
提案された柱状改良をおねがいしました。

 

基礎の値段がすこし増える程度だと思っていましたが、
別途工事費としてだされた金額にあぜん。

 

調査費用と改良費用だけで100万円を超えていたのです。

 

土地を購入するときは、あらかじめ古地図や液状化
履歴図、液状化予測マップなどを閲覧しましょう。

 

建築予定地が、以前に海や川、沼地でなかったか、
埋め立て地ではないかなど、過去と現在の地形図を
比べることで、軟弱地盤であるか否かを予測できます。

 

 

 

 

「エアコンや照明の費用を見おとしていました。」

 

 

間取りができあがってからのほうが選びやすい設備は、
はじめにグレードや費用を決めないことが多いそうです。

 

そのため、エアコンや照明は見積書のなかでも
「別途」あつかいになっていました。

 

照明は量販店で買って節約しましたが、
別途費用がそのまま予算オーバーになりました。

 

別途工事費は、着工前の見積もり時点では
金額を確定できない工事費のことです。

 

どの施工会社でもこのようなケースがでてきます。

 

ガス・水道・電気のライフライン関係、
照明、インテリアなど多岐にわたるため、
見積もりをこまかく確認しましょう。

 

 

 

 

「キャンペーンの特別価格で契約を先にしましたが、
プランに満足できませんでした。」

 

 

住宅展示場へ訪れたときに、
キャンペーン中だったため、
契約すれば割引価格でお得だとのことでした。

 

しかし、提案されたプランはどれもパッとせず。

 

モデルハウスは面積も広いですし、
材料も標準仕様だけではありません。

 

結局、オプション材料をたくさん使って割高になりました。

 

キャンペーンは、各注文住宅会社で時期がかぶります。

 

焦って契約することはひかえましょう。

 

複数社から資料を集めて各社をじっくり比較します。

 

そのなかから、あなたや家族の希望にあった注文住宅を
建てられそうな会社から話を聞いてみるとよいでしょう。

 

 

 

 

「値段が安いという理由で依頼先を決めたら100万円損しました。」

 

 

2社から見積もりをとって決めました。

 

双方の間取りや設備がどうちがうかを詳しく確認せず、
合計金額が200万円ほど安いほうを選んだのです。

 

実際の設計がはじまると、暖房の効きめが不安になったり、
階段が小さくてあぶないなど、修正を加えていきました。

 

すると当初よりも300万円も金額が増加。

 

あとで見なおしたところ、
もう1社の方が配慮が行きとどいており、
差し引きで約100万円損した気分です。

 

複数社から見積もりをとるときは、
各社を比較しやすくするために、
できるだけおなじ条件を伝える必要があります。

 

間取りや設備のグレード、建材などの
条件が異なると比べようがないからです。

 

とはいえ、
すべてにおいておなじじ条件にすることはむずかしいです。

 

最終的には営業マンの提案力によって
依頼先を決めることになります。

 

後悔しない家づくりを実現するためには、
費用だけでなく、あなたと家族の希望が
反映されているかどうかも目安にしましょう。

 

 

 

 

「モデルハウスを真似したらキッチンやドアがオプションだった。」

 

 

すごく気に入ったモデルハウスがあり、
坪単価も予算に合っていたので、
建具や設備、内装などを
おなじようにすることを打ちあわせで頼みました。

 

すると、気に入った箇所は全部オプションでした。

 

予算オーバーでしたが、
イメージもふくらんでいただけに、
やむをえずそのまま同じ値段で施工してもらいました。

 

モデルハウスには1億円の経費がかけられるほど、
グレードの高い設備や建材が使われることがあります。

 

標準仕様であるか、オプションであるかを
モデルハウスに訪れだ段階で
担当者に確認することでふせげます。

 

 

注文住宅,失敗,対策注文住宅のよくある失敗と対策【その2】

 

注文住宅,失敗,対策注文住宅のよくある失敗と対策【その3】




適正価格で家を建てるなら一括見積サイトへ登録が必須です!


LIFULL HOME'S

LIFULL HOME'S,見積もり

坪単価を比較しながら選べる!

・予算・人気テーマ・エリアから会社を選べるので簡単!
・各社の参考坪単価をサイトで比較できるので安心!
・「はじめての家づくりノート」プレゼント!

一括見積もり社数

(例:東京都新宿区)

坪単価の表記

サービスの充実度

人気度

20社

あり

・カタログ請求



LIFULL HOME'S,,一括,見積もり,比較




タウンライフ家づくり

注文住宅,費用,相場,タウンライフ

無料!間取りプランを作成できるのはここだけ!

・あなただけの家づくり計画書を作成!
・大手から地域密着店まで全国600社がサポート!
・「もっとはやく利用していればよかった」の声多数!

一括見積もり社数

(例:東京都新宿区)

坪単価の表記

サービスの充実度

人気度

13社

なし

・間取りプラン作成

・資金計画の提案

・土地探しの提案



タウンライフ家づくり,見積もり





持ち家計画

注文住宅,費用,相場,持ち家計画

1000社以上から注文住宅会社を比較できる!

・あなたの理想のマイホーム作りを助けてくれる
・最短2分で無料でカタログ請求ができる!

一括見積もり社数

(例:東京都新宿区)

坪単価の表記

サービスの充実度

人気度

11社

なし

・カタログ請求



持ち家計画,見積もり





551万円も値引きできました!その方法は・・・


交渉が苦手でもこれで安心です!
わずか3分の入力で見積もりと資料がもらえます!

⇒実際に申し込んだ体験談はこちら

管理人プロフィール 注文住宅の費用相場 施工会社を選ぶ 注文住宅一括見積ランキング 我が家の体験談